横浜・川崎・相模・神奈川の貸切バスならシティアクセス。個人でも簡単な手続きでバスが借りられます。
横浜・箱根・鎌倉の観光、旅行、羽田・成田空港送迎、視察、冠婚葬祭などの移動に。

シティアクセス HOME > 初めての貸切バスTOP >安全への取り組み


シティアクセス 安全への取り組み


シティアクセスは、安全輸送確立の一環として安全研修や指導教育を実施している他、
安全運転に配慮している乗務員を高く評価し、社内で表彰等を行っています。

平成28年度運輸安全マネジメント 〜輸送の安全と取り組み〜 シティアクセス株式会社

シティアクセス株式会社は、社長以下、社員全員が輸送の安全が最も重要であることを自覚し、運輸安全マネジメントの実施により、絶えず輸送の安全性向上に努めています。

1 輸送の安全に関する基本的な方針
(1) 社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内における輸送の安全確保に主導的な役割を果たします。
(2) 社長は、輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認、改善を確実に実施し、常に安全対策を見直すなど、社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性向上に努め、その情報は、積極的に公表します。

2 輸送の安全に関する目標、及びその達成状況
 輸送の安全が最も重要であるという認識の下
  ・関係法令、内部規則を遵守する。     ・車両整備を励行する。
  ・輸送の安全に関する指導、教育を実施し、情報の共有化を図る。
を広義の目標に掲げ、種々の施策を推進しました。
 その結果は下表のとおりです。

平成28年度
交通事故発生状況
人身事故(加害) 物損事故
他車等への加害 その他自損事故
1 22
平成29年度の目標 0 0 -20%

3 自動車事故報告規則第2条に規定する事故統計
発生は、ありません。

4 道路運送法第22条の2第1項に規定する安全管理規程
別紙①のとおりです。

5 輸送の安全のために講じた措置、及び講じようとする措置
輸送の安全を確保するため、旅客自動車運送事業運輸規則第38条に基づく乗務員への指導監督(国土交通省告示第1676号)を始め、年度後半は、軽井沢スキーツアーバス事故を踏まえた再発防止策関連の研修会等を独自の手法で実施しました。その状況(講じた措置)、今後の計画(講じようとする措置)の概要は、下表のとおりです。

月別 措置項目(概要)

実施状況

今後の計画
4

安全会議等・・春の全国交通安全運動、

健康診断、シートベルト着用促進シールの独自作成・貼付

29年度も左記の措置項目に準じて実施予定です。 特筆項目としては、平成28年11月、12月施行の改正法の遵守です。
5

安全会議等・・健康管理の重要性

・脳ドック受診結果と再検査

・ドラレコ搭載状況テレビ局取材

・車載消火器点検・交換

6

安全会議等・・経歴証明に基づく安全教育、ドラレコ研修

・他山の石研修(5/4常磐道の死亡事故)

・酒気帯び(残酒)運転の禁止

7

安全会議等・・運転中の携帯電話・スマホの使用禁止

・労働安全衛生法の改正と
 メンタルヘルスのためのストレスチェック

8

安全会議等・・酒気帯び(残酒)運転の絶対禁止

・ドライブレコーダー記録映像研修

・交通事故発生時の初動措置要領

・他社の不正アルコールチェック

・適性診断の受診

9
10
11

安全会議等・・運転中の携帯電話・

スマホの使用禁止(社長出席)

・交差点における事故防止

・貸切バス関連法の改正骨子

・年末の事故防止運動等、各種安全運動

12
1

安全会議等・・貸切バス関連法の改正骨子

・健康管理

・スキーツアーバス事故を踏まえた研修会

・ASV自動車研修会

・ドライブレコーダー記録映像研修


2
3

6 輸送の安全に係る情報の伝達体制、その他の組織体制
輸送の安全に係る情報の伝達体制等は、別紙②のとおりです。

7 輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況
前記5「輸送の安全のために講じた措置、及び講じようとする措置」記載のとおり、相互交通の「安全会議等」を定期的に開催し、関係規則・法令改正等の周知と情報の共有化を図りました。   
また、警察など、関係機関招請による講習会の開催、研修会への参加のほか、脳MRI健診を行うなど、旅客自動車を取り巻く世論の動向に呼応した対策も講じまし

8 輸送の安全に係る内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置及び講じようとする措置
輸送の安全に係る内部監査は、主として夏季及び年末年始の輸送の安全総点検に合わせて行いました。
その結果、飲酒(残酒)運転の禁止をはじめ、お客様へのシートベルト着用促進アナウンスの励行等、関係法令の再確認を行い、遵法精神の向上を図りました。

9 道路運送法第22条の2第2項第4号に規定する安全統括管理者に係る情報
改正した安全管理規程に基づき、安全統括管理者をして、輸送の安全の確保に関する運行管理全般の統括と指導監督を行わせました。


2017年4月5日 運転中(乗務中)における携帯電話・スマートフォン取扱規程を制定しました

運転中の携帯電話等の保管、使用等に関する規程を整備し、これまで以上に遵法精神を高め、乗客、お取引先事業者等からの信用を強固なものとすることを目的に制定しました。

運転中(乗務中)における携帯電話・スマートフォン取扱規程


2017年2月16日・22日 安全研修会を実施

安全体質のさらなる強化を目指し、ドライバー教育を実施致しました。

安全研修会レポート


2017年1月12日 安全研修会を実施

2017年1月12日 安全研修会を実施致しました。

安全研修会レポート

「迷走する轍わだち-貸切バス業界の闇-」


乗務中における携帯電話・スマートフォン使用の危険性等に関する啓発

平成28年12月15日(木)

乗務中における携帯電話・スマートフォン使用の危険性等に関する啓発資料を作成し、グループ全社の乗務員、職員に啓発いたしました。
乗務中の携帯電話・スマートフォンの使用は、重大事故を引き起こすおそれが高いため道路交通法においても使用が禁止され、罰則も課せられていますが、いまだに携帯電話等を使用しながら運転する事案が発生し、社会問題化しています。
今年に入ってから国土交通省に報告されたバス乗務中の携帯電話・スマートフォンの使用事例は23件に達し、2件の物損事故と1件の死亡事故が発生しております。このようなところから、「乗務中の携帯電話・スマートフォン使用の危険性等について」、シティアクセスでは啓発資料を作成し、事故防止に努められるよう指導しております。

乗務中における携帯電話・スマートフォン使用の危険性等に関する啓発資料


中型エアロ安全祈願

2016年7月15日(金)大安

中型エアロが2台増車となり安全祈願を執り行いました。 シティアクセスでは交通安全を神様にお祈りするのではなく、「安全運転を神様に誓うための儀式」です。

中型エアロ安全祈願 中型エアロ安全祈願 中型エアロ安全祈願

2016年7月14日 運輸安全マネジメントの評価を受けました。

シティアクセスは、道路運送法第94条に基づき、国土交通大臣が行う「運輸安全マネジメント」の評価を受けました。
評価対象は、バス事業者としての「安全管理の考え方と計画等」5つに大別される項目でした。

2016年3月4日 外部講師による事業用自動車事故防止研修会

バス車両火災対応訓練 バス車両火災対応訓練
本日、神奈川県警加賀町警察署交通課長様を講師にお招きし事業用自動車事故防止研修会を行いました。
1.交通事故概況
2.事業用自動車の事故事例について
3.大型車の特性について
4.効果的な事故防止方策等
(1)左折時の安全確認
(2)後退時の安全確認
(3)運転席、助手席のカーテンについて
(4)昨今の法律改正について

2016年2月19日 バス車両火災対応訓練の実施

バス車両火災対応訓練 2016年1月15日 バス車両火災対応訓練を実施しました。
1.バス車両火災対応訓練のレポート
2.メディア発表はこちら(神奈川新聞2016年2月16日)


軽井沢スキーバス転落事故のお見舞い

このたび軽井沢で発生したスキーバスの事故により、犠牲にになられた方々に心からお悔やみを申し上げます。また、お怪我をなされた方々には心からお見舞いを申し上げますとともに一日も早いご回復をお祈り申し上げます。


2016年2月3日 赤十字救急短期講習受講

赤十字救急短期講習受講 日本赤十字社神奈川支部にて行われた心肺蘇生法とAEDの使用法を学ぶ講習を受講しました。


軽井沢スキーバス転落事故のお見舞い

このたび軽井沢で発生したスキーバスの事故により、犠牲にになられた方々に心からお悔やみを申し上げます。また、お怪我をなされた方々には心からお見舞いを申し上げますとともに一日も早いご回復をお祈り申し上げます。


2015年9月16日 貸切バス事業者安全性評価認定制度における最高峰の「三ッ星」を中・小型バス会社では、全国初の認証を受けました。

安全性評価認定制度 シティアクセスは2013年10月2日、貸切バス事業者安全性評価認定制度の二ッ星の認定を受けておりましたが、その後、安全性に対する取組状況が優れている事業者として2015年9月16日に最高峰の「三ッ星」の認定を受けました。


平成27年7月1日、国民安全の日に安全会議を行いました

合同安全会議

平成27年7月1日(水)
10:30〜 本社3階会議室

合同安全大会

社長訓示

誓いの言葉

副社長指示

板橋室長

竹澤常務

1.社長訓示・・・藤木社長

(1)輸送の安全確保について(旅客輸送は、運輸業界の中で最も社会的責任を負っている)

ア 安全はすべてに優先する
イ 旅客輸送は、毎日が安全会議の連続である
ウ 旅客輸送の効率アップはスピードアップではない
エ 旅客輸送は、安全一番
オ お客様には、思いやり一番
カ お客様に「シティアクセスに乗って良かった」と喜ばれる仕事をする

(2)安全性評価認定制度(三ツ星)の申請、取得について

2.誓いの言葉(事故防止の誓い十カ条)・・・参加者全員

鎌田副班長に続き全員で唱和。
「事故防止の誓い十ヵ条」はこちら

3.副社長指示・・・笹生副社長

(1)健康管理について
(2)交通違反、交通事故の防止について
(3)その他

4.報告・連絡事項・・・板橋安全管理室長

(1)6月末現在の事故発生状況等について(前年同期-4件)
(2)適正化コンサルティング事業に伴う巡回指導について(指導項目・・・輪止め等)
(3)6月1日付け、道路交通法改正について
(4)国土交通省発表、7月のテーマについて(乗車中の乗客の安全を確保するために留意すべき事項)

5.その他

(1)一人の経験はみんなの経験(事故、ヒヤリハットを全員で共有)
(2)高速道路の走行について(センターラインの距離を使った車間距離の取り方と車線変更について)

6.閉会の辞・・・竹澤常務

シティアクセスグループ合同安全会議を行いました

合同安全会議 開催状況

平成26年12月25日(木)
13:25〜 本社3階会議室

1.報告・検討事項
(1)車内事故防止について

ドライブレコーダー記録映像により検証と検討

(2)年末年始の事故防止について

飲酒(残酒)運転の絶対禁止、年末年始安全輸送総点検月間の伝達

(3)重要指示伝達事項

飲酒(残酒)運転の絶対禁止、危険ドラッグ・薬物の使用絶対禁止

(4)国土交通省12月のテーマ

バスの安全運行、乗客の安全を確保すつための留意事項

報告・検討状況

2.外部講師による交通安全講話

神奈川県警加賀町警察署交通課長様を講師にお招きし交通安全講話を行いました

  1. 県内の交通事故発生状況について
  2. 改正法について
    「自動車の運転により人を死傷させる行為等の
    処罰に関する法律」
  3. バスの事故防止について

加賀町警察署交通課長による
交通安全講話

加賀町警察署交通課長による
交通安全講話

3.安全唱和

事故防止の誓い十ヵ条を参加者全員で唱和しました

受講状況

4.外部専用サイトからの取材を受けました

1人の体験をみんなの体験に


デングウィルスの対応について

報道の通り、横浜市内にもデングウィルスを保有する蚊(カ)がいる可能性があります。
バスには念のため「虫よけスプレー」をご用意いたしました。ご利用の際は運行乗務員にお申し付けください。


2014年8月12日 白バイ隊員による「交通安全講習会」を行いました。

■人の目と錯覚について
人の目は、錯覚におちいりやすいようです。

■運転前の身体機能について
左右の指を逆に動かしたりすると、脳の活性化につながるそうです。

■バスから見た二輪車について
対向してくる二輪車は、どんなに大型でも、速さがわかりずらいことを再確認しました。

■バスの死角について
バックミラーだけでは「見えない二輪車」を再確認しました。


2014年7月2日 「安全大会」を実施しました。

第87回「全国安全週間」の初日に合わせ、シティアクセスでは「安全大会」を開催しました。
社長から今回のスローガン「みんなでつなぎ高まる意識 達成しよう ゼロ災害」の示達訓育を受け、「ゼロ災害」を宣誓しました。


2013年10月8日 「関東運輸局長表彰」

2013年10月8日、シティアクセスの乗務員4名は平成25年度自動車運送事業運転者局長表彰を受賞しました。
この表彰は、自動車運送事業運転者が多年において、無事故で業務に精励し、優秀な成果を挙げていることが高く評価されたものです。


2013年10月2日 貸切バス事業者安全性評価認定制度における「二ッ星」の認定を受けました。

安全性評価認定制度 シティアクセスは平成23年12月7日、貸切バス事業者安全性評価認定制度の一ッ星の認定を受けておりましたが、その後、安全性に対する取組状況が優れている事業者として平成25年9月19日に「二ッ星」の認定を受けました。


2013年9月5日 ドライブレコーダーによる安全会議を行いました

実際に起こった自転車とのすれ違いによる「ヒヤリハット!体験」を今後の事故防止に努めることを目的に実際の映像にて検証を行いました。
今回の会議の社長訓示では、「乗っていただいたお客様に、シティアクセスに乗ってよかった」と仰っていただけるような仕事をしてほしいとの話がありました。
また、国土交通省・関東運輸局自動車交通部長、奈良和美様と関東運輸局自動車交通部貨物課長、齋藤 隆様が弊社の安全会議をご視察されました。

写真左:左から 弊社社長
国土交通省 関東運輸局自動車交通部長 奈良和美様
国土交通省 関東運輸局自動車交通部貨物課長 齋藤 隆様

2013年8月15日 ドライブレコーダーの導入について

安全運行と事故防止、また接客サービスの向上を推進するため、ドライブレコーダー(運転記録システム)を導入しました。
今回のドライブレコーダーの導入により、事故が発生した際の原因の分析や以降の事故防止対策、社員教育の活用など安全に対する取組みを強化し、お客様へのより一層の安全の確保、及び接客サービスの向上に活用していきます。

ドライブレコーダーとは?
ドライブレコーダーとは、車両に取り付けたカメラ・マイクにより映像や音声を自動的に記録する車載装置です。

活用方法
@交通事故発生時の処理の迅速化、状況等の把握及び分析、原因究明
A安全運行に資するための研修教材作成(ヒヤリハット情報の収集含む)及び安全運転教育への活用・周知、ドライブレコーダー導入車両を用いた運転指導の実施

車内外の事故状況の確認・危険予測・事故防止の為に具体的に意識しなければならない点などを把握して、乗務員への周知徹底と意識の共有化を行い、今後の事故防止と安全運転に努めていきたいと考えています。


2013年8月8日 ドライブレコーダーによる安全会議を行いました

後退時における事故の重大性、死角や思い込みなど、今後の事故防止に努めることを目的に実際の映像にて検証を行いました。

報告連絡事項示達 ドラレコ事故防止検討

2013年6月7日 ドライブレコーダーによる安全会議を行いました

シティアクセスでは、安全運行と防犯、またより一層の接客サービスの向上を推進するため、ドライブレコーダー(運行映像記録システム)を導入しました。このドライブレコーダーの導入により、事故が発生した場合の原因の解析や事故防止対策、安全教育への活用など安全に対する取り組みをより強化し、お客様の一層の安全の確保、及び接客サービスの向上に活用しています。安全会議ではドライブレコーダーに記録されているデータをプロジェクターで放映し、お客様の接客満足度向上のため、危険箇所の認知や乗務員のサービスを乗務員同士が活発に議論をいたしました。

   

2013年4月5日 交通事故防止講習の実施について

春の全国交通安全運動は、来る6日(土)から15日(月)までの10日間にわたり実施されますが、これに先立って、当社の交通安全を期するために、加賀町警察署の担当官をお招きして交通事故防止講習を次のとおり実施いたしました。特に、今回の講習はバスをご利用される顧客の高齢化に伴って「バスの乗降が困難」、「バスの乗降に手を貸してほしい」等の要望が寄せられていることを踏まえ、乗務員が各種の交通安全教材を活用して、「高齢者の疑似体験」をすることにより、これらバスをご利用する高齢者の身体特徴を理解し、接客意識の向上を図ることを重点とした安全講習です。

副社長による座学 乗務員の真剣な面持ち
高齢者体験のギプスと白内障ゴーグルの着装 高齢者の立場になった歩行体験@
高齢者の立場になった歩行体験A 警察官による座学

2012年10月17日 「ゆっくり走ろう!横浜港」キャンペーン活動に参加しました。

横浜市港湾局、鶴見警察署、大黒ふ頭連絡協議会・交通安全部のよびかけで、「ゆっくり走ろう!横浜港」と書かれたマグネット式ステッカーをバスに貼り啓発キャンペーンを実施しました。



2012年4月2日 参加体験型安全講習

4月6日から実施される春の全国交通安全運動、並びに新年度を迎えるにあたり交通事故の防止とともにバス運行時の死角等による自転車事故の防止を図るため参加体験型二輪車安全研修を実施しました。

加賀町警察署・神奈川県警本部からいらした講師の方より、県内・横浜市内における交通事故の特徴的傾向・交差点での通過時における死角並びに注意事項・交通事故のメカニズム、飲酒と酒気帯び運転の違いと罰則について解説していただきました。


自転車運転時の交通法令とマナーについて
自転車シミュレーターを用いて自転車運転時における交通ルールの実験を行いました。
また、乗車時のマナー・自転車事故の原因を学びました。


最後に当社参加者一同で「事故防止の誓い30条」を唱和しました。


 

2011年12月13日 日本バス協会貸切バス事業者安全性評価認定制度

安全性評価認定制度 2011年12月13日、シティアクセスは、公益社団法人日本バス協会の貸切バス事業者安全性評価認定を を受けました。
安全性評価認定制度 これは、貸切バス事業者の安全性に対する取組状況等を評価・認定する制度です。より安全性の高い貸切バス事業者をお選びいただく際の指標として お客様に活用されています。





2011年12月9日 事業用自動車事故防止コンクール表彰

2011年12月9日、平成23年事業用自動車事故防止コンクールにおいて、シティアクセスは貸切バスグループで、 神奈川県警察本部長及び関東運輸局神奈川運輸支局長表彰を受賞しました。

この表彰は、本年の事故防止コンクールで優秀な成績を収めたことのみならず、過去のコンクールにおいても優秀な成果を挙げていることが高く評価されたものです。

安全表彰 安全表彰



2011年12月2日 ヘリコプター安全祈願

2011年12月2日、みなとみらい臨時ヘリポートで、ヘリコプターの遊覧事業を開始するにあたり、厳島神社より宮司様にいらしていただき、 航空安全と事業の発展祈願をいたしました。ヘリコプターの運航事業者は小川航空株式会社です。

横浜ヘリコプター夜景遊覧詳細は、→Yokohama Sky Cruise

安全祈願



2011年11月28日 安全運転法令講習

2011年11月28日、年末を控えた時期にあって、乗務員が安全運転の原点である交通関係法令について再確認し、 本年の残り期間を無事故無違反で職務を達成できるように、加賀町警察の交通課員に依頼し、安全運転の法令講習を実施しました。

加賀町警察からいらした講師の方に、最近管内で発生した重大事故について解説していただきました。
安全講習 安全講習

飲酒運転の危険性、飲酒した場合の運転能力の低下についてのビデオを視聴しました。
安全講習 安全講習

「飲酒状態体験ゴーグル」をかけると、飲酒をした時のまわりの見え方を体験することができます。 近くから投げられたボールをキャッチするという簡単な動作もできなくなるので、 飲酒がいかに危険な状況を作り出すかを認識することができました。
安全講習 安全講習

自転車による事故が増えているとのことで、自転車の右折の方法や競技用自転車取り締まりについての説明を受けました。



2011年10月19日 「ゆっくり走ろう! 横浜港」キャンペーン

大黒ふ頭を拠点とした事業者により構成される「大黒ふ頭連絡協議会」の年間事業のひとつである
「ゆっくり走ろう! 横浜港」キャンペーンにシティアクセスのスタッフが協力しました。

大黒ふ頭 大黒ふ頭 大黒ふ頭 大黒ふ頭
「ゆっくり走ろう! 横浜港」キャンペーン とは? 
ゆっくり走ろう 横浜港



2011年9月29日 繁忙期における安全運転励行

2011年9月29日、全国交通安全運動の一環として、乗務員の朝礼時に繁忙期における安全運転励行の指導教育を実施しました。
乗務員一同、気を引き締め、繁忙期の無事故を誓って、本日の勤務を開始いたしました。

安全表彰 安全表彰



2011年9月 関東運輸局運輸支局長賞受賞

2011年9月には、シティアクセスの乗務員2名が、長年の安全運転を評価され、関東運輸局運輸支局長賞を受賞いたしました。

安全表彰 安全表彰



2011年4月実施 参加体験型安全研修

バイク安全研修 2011年4月には、二輪車安全研修を行いました。

バス運行時の二輪車への配慮、二輪車通勤者の安全運行を目的として、 神奈川県警の女性白バイ隊「ホワイト・エンジェルス」の隊員と加賀町警察の指導員に出張研修を行っていただきました。

全国白バイ安全運転競技大会の県代表に選ばれたという素晴らしい実績のある白バイ隊員のもとで 指導を受けるという機会に恵まれ、シティアクセス参加者一同、より安全に対する理解を深めることができました。。

神奈川県警 神奈川県警

■車両点検要領
車両点検の最重要ポイントは、ブレーキ、タイヤ、灯火、燃料の頭をとった「ぶ・た・と・燃料」が合言葉だそうです。

バイク点検 バイク点検

■運転実技
緊急制動、スラローム、直角走行、低速千鳥バランスなどを白バイ隊員の模範演技の後に、各々が練習しました。

バイク点検 バイク点検

■死角について
二輪車ドライバーの死角、バスの走行から見た二輪車の死角などを確認しました。



最後に、ドライバーが常に意識を持って運行することが大切だとの講評をいただきました。

バイク安全研修 バイク安全研修



2010年3月実施 参加体験型安全研修

2010年3月には、2種類の研修を行いました。

■高齢者擬似体験
疑似体験装具(ヘッドホーンや特殊眼鏡、手足の重りなど)を装着し、高齢者の日常生活における動作を擬似的に体験し、加齢による身体的な変化を体感することをいいます。

高齢者擬似体験


■シートベルト衝撃体験
事故時の衝撃を体感(衝撃体験マシンにシートベルトを着用のうえ着座して、時速約7キロの衝撃を体験する)することで、シートベルト着用の必要性を再認識しました。

シートベルト衝撃体験


■受講者の主な感想
・高齢者疑似体験では、バスの乗り降りが、こんなに不自由と思わなかった。運行中は、高齢者の立場に思いを置いた運転を心がける。
・急ブレーキ、急ハンドルの運転をしない。お客様が眠くなる運転を心がける。
・事故の衝撃がどの程度か、わからなかったが、わずかな速度でも大きな衝撃を感じた。シートベルトは絶対しなければいけなし、お客様に着用の徹底をお願いしたいと思った。
・安全運転シュミレータで、死亡事故を起こした。危険予測が足りなかったもので、実際の運転だったらと思うと、ぞっとした。

2010年3月 参加体験型安全研修(PDF)
2010年4月1日「神奈川新聞」掲載記事はこちら(PDF)



お問い合わせ

お問い合わせはこちら


見積もり >>>お問い合わせフォーム<<<

バスのご利用案内

おすすめプラン

学生バス

横浜ヘリコプター夜景

ビジネス定期送迎バス

ビジネスでのスポット利用

個人のお客様のスポット利用

横浜で陸海空のセットプラン

横浜で陸海空のおもてなしがつながりました。サークルの旅行、同窓会、遠足などにバスと観光・お食事をセットできます。






seo great banner